Main | November 2004 »

2004.10.27

メールに添付されたWord文書を読む

遅くなりましたが、この度の新潟中越地震で被災された方々には
心より御見舞申し上げます。

更新が遅くなって申し訳ありません。
地震の支援などで帰るのが遅くなり更新できませんでした。
見に来てくださった方本当にありがとうございます。

それでは、今回は具体的にクリエでメールに添付されたワード文書を
読んでみたいと思います。

今回はHotsync編です。
PCのOutlookに来たメールに添付ファイルが付いていたとします。
通常ならPC上でそのメールを開き、添付ファイルを保存して
そのファイルをDocuments to Goで指定する、
という作業をして初めてクリエでそのワード文書を扱えました。

しかし、Documents to GoV6からネイティブなワード文書も
メモリースティックに保存することで扱えるようになったのと、
AgendusMailでは添付ファイルを外部メモリーカードに
同期してくれるという機能の二つを利用することで

クリエでもHotsyncボタンひとつで添付のワード文書を
読めてしまうのです。なんとエクセレントな機能でしょう!
ビジネスパーソン必須の機能ですね。

それでは具体例を(本日は画像で)
Hotsync後AgendusMailを開くと

01AMList.GIF

添付ファイル付きのメールをタップすると

02AMMail.GIF

本文の下に「添付ファイルを表示」とでて
横にクリップのアイコンが出ますのでタップすると

03AMT.GIF

添付ファイルというボックスが開きます。
添付ファイルのファイル名が表示されますので、
開きたい添付ファイルをタップします。
(この例では一つですが、
複数の添付ファイルがある場合はリスト表示され選べます)

04AMInst.GIF

するとこの画面が出て、「インストール」をタップすると

05AMDoc.GIF

「はい」をタップすると自動的にDocuments to Goが起動して

06WTG.GIF

見事にワードの文書が読めました。エクセルのブックも全く同じです。

ちなみに、この添付ファイルはメモリースティックの
PALM/PROGRAMS/iMAttach/というフォルダに格納されます。
そのため直接フォルダを指定することで
Documents to GoやPicselViewerなどで読み込むことができます。
PicselViewerはPDF形式のファイルも扱えますので、
ほぼほとんどのファイルがクリエで扱えます。

いかがでしたでしょうか?
ビジクリ!としては添付ファイルが読めるという観点から
メールソフトを選ぶのもビジネスパーソンとしては「あり!」だと思うのです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.23

クリエでメールの添付ファイルを読む

クリエには付属のメーラーとしてClieMailがありますが、
皆さんお使いですか?
ClieMailでは添付ファイルとして扱えるファイルに制限があって
ワードやエクセルのファイルは読むことが出来ませんよね。

しかし、それではビジネスの役に立つクリエとはいえない!
ということで、ビジクリ!推奨のメールソフトがAgendusMailです。
これはスケジュール等の統合的な置き換えソフトとして有名な
AgendusProに含まれるメールソフトなのですが、
なんと画像だけでなくワードやエクセルのファイルまで
添付ファイルとして扱える優れものです。
AgendusMailとDocumentsを併用すると
短期の出張ならノートパソコンなしでもいけるかも・・・
と思わせてくれます。

もちろんHotsyncでOutlookのメール(添付ファイル付き)を
取り込めるだけでなく、設定をすれば無線LANやダイアルアップで
メールサーバーから直接メールを送受信できます。
来週は実際に添付されたワードの文書を読むところまでを
詳しくお伝えしたいと思います。

| | Comments (17) | TrackBack (0)

Bonsai3

本来は「クリエでメールの添付ファイルを読む」の予定でしたが、
Bonsai3というアウトラインプロセッサのレジストレーションで
発売元とE-mailで交渉してまして、(もちろん英文です)
かなり疲れたので、お休みします。
楽しみにしていた方ごめんなさい。m(__)m
明日必ずのせますので・・・

2台のPalm Handheldsで使うので安くならないか確認したところ
$19ほど安くなりました。(^^ゞ
(5回ほどやりとりの結果)

このソフトもビジネスの役に立つソフトですので
また紹介しますね。
それでは、お休みなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.21

クリエでワードを使う(応用編)

では、クリエ(Palm Handhelds)でワードの文書を使うときに
Documents to Goを使う最大のメリットは何でしょうか。

それは(私が考える限り)PalmOSのグローバル検索を
つかって抽出ができるということです。

この機能を使うためにはまずクリエ側のDocumentsを起動して
メニュー->オプション->環境設定を開きます。
すると「グローバル検索に含める」という項目があるので
Word to Go を選んでから「グローバル検索に含める」に
チェックをつけます。

これでPalmOSの検索を実行すると全文検索をして
同期した文書の中からその語句が含まれる
文書を抽出してくれます。

仕事中に自分のやるべき事の進捗を管理したり
必要な情報をすぐに取り出したい時
このグローバル検索機能を使うと非常に便利です。

こんな状況が想像できますか?

 あなたはある取引先と仕事を進めています。
 朝、会社でクリエを取り出しその取引先の会社名で
 検索を実行します。

 するとその会社名が含まれる予定やアドレス、
 メモ、ToDo、そしてワードの文書等が一覧で表示されます。

 予定を確認すると担当者に連絡をする事になっています。

 報告する内容は昨日PCでワードの文書にまとめて、
 クリエと同期させています。

 まずアドレスの担当者を確認して電話を掛けます。
 呼び出している間にもう一度グローバル検索を実行して

 抽出された一覧から必要なワードの文書をタップすると
 その内容がクリエにあらわれます。

 担当者が電話に出たので報告をすませます。
 追加の依頼があったのでワードの文書に書き込みます。

 電話を終えてPCとHotsyncします。

 PCでワードの文書を開くと
 先ほどクリエで書いた内容が反映されています。

どうでしょうか?
つまりグローバル検索機能が
あなたの仕事のインデックスになるのです。
(もっと大げさに言えば専属の秘書(^^ゞ)

これは、Documents to Goならではの使い方でしょう。
閲覧だけでなく修正も出来るというのは
全文検索も出来ると言うことです。
(但し本体のメモリーに文書は置いて下さいね(^_^;))

次回は「クリエでメールの添付ファイルを読む」です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.20

クリエでワードを使う(Documents to Go)

では本日はクリエ(Palm Handhelds)で
ワードをつかってみましょう。

まず、Documents to Goをインストールします。
そうすると本体ソフトのインストールのために
Hotsyncしろと指示が出ますのでその通りにすると

クリエのホーム画面にDocumentsという
アイコンが表示されるはずです。
(Clie Launcherを使っている人は便利ツールにあるはず・・・)

それからお使いのPCで持って歩きたいワードのファイルを
右クリックして「送る」にカーソルをあわせると
Documents to Goという表示が!
で、それをクリックするとそのファイルは変換されていますので
Hotsyncしてから、さっきのDocumentsをタップすると
指定したワードのファイルがクリエで読めるというわけです。

どうです簡単でしょ。
 これで会議の資料とかもクリエに入れて
  ノートパソコン使わなくてもよくなる。
   持ち物が軽くなる。
    エクセレントだかっこいいー
(すいません取り乱してしまいましたm(__)m)

それだけではなくてクリエの画面でワードの文書を
変更してみましょう。
アンダーラインを引くとか
蛍光ペンで色を付けるぐらいのことって紙の資料でもしますよね。
あれと同じ事です。

そしてそれを保存終了して再びHotsyncすると
PC側のファイルにアンダーラインが!!
というわけで以後Hotsyncするたびに同期してくれます。

ここまでが基本的な使い方です。エクセルも基本的には同じです。
次回は応用編です。

今回の記事はDocuments to Go Premium Edition 6.0を使ってます。
なお、TH55をお使いの方は修正モジュールが配布されていますのでお使い下さい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.19

クリエ(Palm Handhelds)でワード・エクセルを使う

いよいよビジネスに役立つソフトウェアについて書きたいと思います。
現行のクリエTH55等にはPicselViewerが
付属でついてきますので
バンドルされなくなったのですが、
T400、T650CにはDocuments to Goという
ソフトが付属していました。

このソフトの特徴は
1.持ち歩きたいと思ったワードとエクセルの
 ファイルをPC側で指定する。
2.独自ファイルに変換してHotsyncの時に
 クリエ(Palm Handhelds)に入れてくれる(自動)
3.一度指定したファイルは
 PC側デバイス側どちらの変更も反映してくれる。
4.クリエでワードとエクセルの新規ファイル作成も出来る。

というまさに夢のようなソフトです。(ちょっと大げさ(^^ゞ)
このソフトを見てクリエ購入を決めた知人が多数います。(実話)

もちろん私もT400からずっと愛用し続けるソフトの一つです。
しかし、新しくクリエのユーザーになられた方は、
¥6,804税込!!という価格に見合うだけの価値と
付属のPicselViewerである程度実現できていることを
置き換える必要性があるのか?と思われるかもしれません。
(いや思わない人はすぐダウンロードして購入していただいてもいいんですよ(^^ゞ)

ビジクリ!としては沢山のビジネスパーソンが
仕事の効率を上げて頂くための必須ソフトとして
このDocuments to Goを取り上げていきたいと思います。

明日に続きます

| | Comments (16) | TrackBack (0)

2004.10.18

ケースを考える

カバーなしでクリエを使うとなるとケースが必要ということで
ビジクリ!推奨のケースはこれです。
Nutshell 202 Pocketなし
仕様が異なりますがPocketgamesさんで取り扱いがあるようです。
T400購入時からデバイスは変わってもケースは変わらないという
非常に使い勝手の良いケースです。
サイズの違うT400、T650C、TG50、TT3、TH55とどの機種にも
ぴったりフィットして取り出しやすく完璧です。
使いやすさの秘密はベルトループの構造にあります。
Beltlooptext.jpg
ガンホルスターのようにベルトに対して縦だけでなく斜めや横向きに
取り付けることが出来るため自分の使いやすい角度で
クリエを取り出せます。
TG50、TH55等の縦に長いクリエは205、206という
縦に長い品番の製品が対応商品とされていますが、
201、202という製品で充分収まります。
T650CやTT3の様な横にヘッドホンジャックがあるデバイスでも
ケースに入れたままヘッドホンが使えるよう
サイドが切れ込んでいます。
2年以上使っていますがこれ以上のケースを私は知りません。
(単に知らないだけかも・・・)
是非おためし下さい。(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

複数のクリエ(Palm Handhelds)を使う

私も含めて「複数のクリエ(Palm Handhelds)を使いたい!」
というのは、かなりの数(いくらや?)ある欲求ではないかと思う。

しかし、これは意外と難しいんですよね。
もちろん先輩諸氏は色々な方法をとられていますが、
(ひとり5、6台所有は当たり前の世界ですから・・・)
いまいち決め手がないという感じを持っています。

ゆえに、独断で(当たり前ですが・・・)
これが決め手だという方法を紹介致します。

まず前提としてOutlookを使っていること(おい!)です。

クリエに付属のソフトでIntellisyncというものがあります。
これを使うとOutlookがなんとPalmDesktop代わりになるのです。

そうするとOutlook経由でPIMデータが複数のデバイスで
共有できます。

もちろんMacなビジネスパーソンや
Outlookを使っていないビジネスパーソンには使えませんが、

案外、Outlook+クリエという人の方がビジネスパーソンには
多いのではないかと・・・

ほら、なんだかんだ言ってもワードエクセルな訳だし、使って無くても
Outlookもプリインストールしてあったりとかするぢゃないですか・・・(^^ゞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カバーなしがビジネスの基本

仕事でクリエ(もしくはPalm Handhels)をお使いの方は
(果たしてどれだけの人がいるのだろうか?)
わかって頂けると思いますが、

1.急にお客様や取引先から電話がかかってくる。
2.ポケットもしくはカバンからクリエを取り出す。
3.カバーを跳ね上げる(もしくは、めくる)。
4.ハードキーなり電源ボタンを押して、起動する。
5.書き始めるもしくは確認する。
とこういう使い方が多いのではないかと・・・

すると少しでも手間を省きたいと考えるのが
エクセレントなビジネスパーソンではないですか?

ということで、TH55も速攻でカバーをはずしました。
すると、エクセレントでない見た目になるので、
Cap Go Goは必須ですね。
もちろん液晶保護シートも。

少しずつ使いやすくなってきてます。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

今更ながらTH55

8/13にヤマダ電器さんでTH55を購入した。
しばらくT3を使っていたので久しぶりのクリエ!
ポイントをつけないで税込¥35,800也。安くなった気がしたのと
在庫があるということで衝動買いしてしまった。
まあ今までTシリーズを3台使っているので追加投資無く使えるのはありがたい・・・
(TT5がユニバーサルコネクタやめるからTH55に走ってしまった。Power to Goが使えないやんPalmOneさん(;_;))

| | Comments (6) | TrackBack (0)

ビジネスに役立つクリエとその他Palm HandheldsのためのWeblog(^_^;)

はじめてウェブログを使って情報発信をしてみる。はたして見て頂ける人がいるのか?
とにかく、ビジョンは高くということで・・・(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | November 2004 »