« July 2009 | Main | November 2009 »

2009.10.07

シンプリー・パーム再読

Project Palm 2を読みおわった後、思うところがあって
「シンプリー・パーム」を読み返してみました。

購入当時は登場人物のことを、あまり知らなかったこともあり、
実はそれほど楽しめなかったのですが(^^;

今回、「Project Palm 1」と「Project Palm 2」を読んだ後ということもあって、
すごく身近に感じられたり、当時の事情を違う面から見ることができて
とても、おもしろく色々と考えさせられました。

その中で特に印象に残ったのが第10章の「パイロット発売」のなかで、
パイロットをなんと呼ぶかという議論のなかで、

「電子手帳(オーガナイザー)と呼ぶべきでしょう。
 現時点でこの製品は電子手帳そのものであり、
 ユーザーが購入の際に求めている機能でもあるのですから」

という一文です。

最終的に「コネクテッド・オーガナイザー」という名称になるわけですが、

この電子手帳(オーガナイザー)としての機能が
わたしがPalmOSとPalmデバイス、クリエから離れられない要素なんだなぁと

クリエはオーガナイザー以外に
エンターテイメント機能が充実していましたが、
今、実際に使っているのはほとんどオーガナイザーとしてなんですよね。
しかも、その部分においてPalm&クリエは、ほぼ不満がないわけです。

そして、私にこの使いやすさを提供してくれたのは、紛れもなく
ジェフの「グラフィティ」とロブの「タップを数えよう」教に代表される
「パームの教え」Zen of Palm
なのだと、はっきりわかったわけです。

たぶん、昔からのPilotユーザーの方からすれば、
(あるいは賢明なそれほど古くないPalmユーザーも)
「何を今更言っているんだ」と思われているとおもいますが、

あらためて、Palmを開発してくれた方々や
日本語でPalmを使えるようにして頂いた方々、
すばらしいPalmwareを作り出される皆さん、
Palmに関わる全ての方に(もちろんこの拙い文を読んで頂いている貴方にも)
感謝!感謝!!感謝!!!

私がこのちいさなコンピュータを使い続ける事ができるのは
皆さんのおかげです。

参考文献
シンプリー・パーム
理想のPDAを目指して
著者 Andre Butter & David Pogue
監修 伊藤 正宏
翻訳 小林 淳子
ソフトバンク パブリッシング株式会社

| | Comments (20) | TrackBack (0)

2009.10.05

2010年祝日データ

ダウンロードがうまくいかない方のためにZIP形式を追加しました。(2006/10/5 15:40修正)

ビジクリ!唯一のダウンロードコンテンツ(^^;である、
Palm&クリエで使える祝日データを公開します。

2009年(平成21年)のデータは今年に入ってからの公開で
あまり、役に立たなかった方も多かったと思いますので、
今年(というか来年2010年分)は早めに公開します。

一応2011年以降も私がPalmを使い続ける限り公開予定です(^^;
(鬼も笑う話ですが・・・)

時刻指定のない
日本の国民の祝日のデータです。

前回同様
Palm Desktop 4.1日本語版で作成&検証しています。
英語版のPalm Desktopでは未検証です、あしからずご了承下さいませ。
(おそらく使用できるはずですが・・・)

今回から
コメントに
国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の祝日の意味を追加しています。

2009年祝日データは
Palm Desktopの予定表バックアップデータ形式のみの公開でしたが、
2010年祝日データは
予定表バックアップデータ形式に加えて
VCalendar形式も作成しました。

Palm DesktopはVCalでの複数日のエクスポートができないので
すてたんがコピー&ペーストで切り貼りしたものですが
一応使えるようです。

Palm Desktopの予定表を選んで頂き、
[ファイル]→[インポート]をクリック
インポートするファイルの指定画面が開きますので
ファイルの種類で

予定のバックアップ ファイル (*.dba)

もしくは

VCal ファイル (*.vcs)

を選んで
ダウンロードしたファイルを指定すれば

Palm Desktopに祝日データが取り込まれますので、
HotsyncしていただければOKです。

なお、万が一のためインポート前には
Palm Desktopとクリエ(Palmデバイス)のバックアップを行ってから
ご使用下さいませ。
このデータを使用して何か問題が起きたとしても
ビジクリ!も私も何もできませんので自己責任でよろしくお願いします。


2010年(平成22年)祝日データ(日本)dba形式
「10Jap_HD.dba」をダウンロード

2010年(平成22年)祝日データ(日本)VCalendar形式
「10Jap_HD.vcs」をダウンロード

上記ファイルのダウンロードがうまくいかない方は下記のZIPファイル版をダウンロードして
解凍の上お使い下さい。

2010年(平成22年)祝日データ(日本)ZIP形式(dba及びVCal同封)
「10Jap_HD.zip」をダウンロード

| | Comments (7436) | TrackBack (0)

2009.10.02

ProjectPalm 2 読了

みなさまもうご存じだと思いますが、
Palm界の機長こと伊藤正宏氏著
待望の第2弾
「Project Palm 2」が発売されています。

前回に引き続き
PDA版と携帯電話版のリリースです。

すてたんは今回は
PDA版のみ購入してみました(^^;
購入はこちらから

早速クリエにインストールして
ブンコビューワで読み始め
一気に読んでしまいました。

「Project Palm 1」は海の向こう
本家Palmの物語がメインでしたが、
「Project Palm 2」の舞台は日本、
前半は
日本のPalm界の神様こと
山田達司氏を中心の物語
後半は
Pilotのオリジナルプロダクトマネージャー
ロブ灰谷氏や日本IBM、ソニーなど
企業による日本語版の開発秘話の構成で
スピード感があり、エキサイティングでした。

前半は、
Palm Magazine Vol.15に付属の小冊子
「プロジェクト・パーム」と同じ内容かと思いきや、
より深く心情や情景が描かれていて、
大変興味深く、
私のように当時のことを知らない人間でも
その世界に引き込まれていきました。

「Project Palm」シリーズを読んでいると、
私にとって、
この物語は過去の話というだけでなく、
今に続く現在進行形の物語なのだと
強く意識します。

多くの電子機器やソフトウェアが、
陳腐化していく中で、
いまだに色あせない魅力を、
PalmOSやPalmデバイスは持っています。

そのことを再確認できました。

機長さん本当に
ありがとうございます。
第3弾も楽しみに待っています。

じゃ
(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2009 | Main | November 2009 »